ザ・ドッグデイズ

奥深いミネラルウォーターの分類

奥深いミネラルウォーターの分類

飲料水として手に取ることも多いミネラルウォーター。
様々な種類のミネラルウォーターがコンビニやスーパーなどで販売されています。
ミネラルウォーターとはどんな水か知っていますか?
今回はミネラルウォーターについて詳しくご紹介します。

殺菌処理方法でミネラルウォーター類を分類

容器入りの飲料水をミネラルウォーター類と呼びます。
日本のミネラルウォーターは殺菌処理が義務付けられています。
農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質ガイドライン」で殺菌方法によって4つに分類されます。
含まれるミネラル成分を基準にしているわけではないんです。

ナチュラルウォーター

原水は、特定の水源から採水された地下水。
原水とは浄化や殺菌処理される前の天然の水のことです。
沈殿や濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を加えていません。

ナチュラルウォーターはミネラル分をほとんど含まない天然水
ミネラルが少ないので、内臓機能が発達していない赤ちゃんのミルクにピッタリです。

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターの中でも、地中のミネラル分が含まれた地下水のこと。
天然の二酸化炭素が溶け込んだ炭酸水も含まれます。
殺菌方法は、ナチュラルウォーターと同様に沈殿、濾過、加熱殺菌のみ。

日本で採水される地下水のほとんどはミネラルを含んでいます
一般的に販売されている天然水の多くは、ナチュラルミネラルウォーターなんです。

ミネラルウォーター

原水は、ナチュラルミネラルウォーターと同じ地下水。
品質を安定させるために、ミネラルの調整やばっ気(酸素を水に溶かす浄化法)、オゾンや紫外線による殺菌などを行ったものをミネラルウォーターといいます。
複数のナチュラルミネラルウォーターが混合されているものも。

ボトルドウォーター

ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター以外の飲料水。
純水や蒸留水、水道水、アルカリイオン水などもボトルドウォーターに含まれます。
処理方法の制限もありません

ウォーターサーバーに使用されるRO水もボトルドウォーターです。
RO水は、RO(逆浸透膜)フィルターという濾過力の非常に強い膜で不純物を取り除いた水のこと。
でも、ROフィルターは濾過力が強すぎてミネラル成分まで取り除いてしまいます。
なので、RO水は濾過後にミネラル分を添加しているものが多いんです。

硬度でミネラルウォーター類を分類

ミネラルウォーターは成分で分類することもできます。
その基準となるのが硬度。
硬度は、水1リットル中に含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量で決まります。

軟水

カルシウム、マグネシウムイオンの量が100mg以下の水が軟水。
日本のミネラルウォーターは軟水のものがほとんどです。
それは、日本の国土が狭く雨水が地中に留まる時間が短いため。
ミネラルが溶け込む時間が短いんです。

軟水は、のどごしが柔らかくてさわやかです。
クセが無いので、緑茶を入れるのに適しています。
出汁をとったり、ご飯をふっくら炊き上げたりするのにも軟水がおすすめです。

中硬水

カルシウム、マグネシウムイオンの量が101~300mgの水を中硬水といいます。
軟水と硬水の間の性質を持っています。
ミネラルが適度に含まれていて、硬水より胃腸に負担をかけずミネラルをとることが可能です。

中硬水はなべ物や煮込み料理に最適。
素材の臭みをとり、柔らかすぎず硬すぎず煮込むことができます。
ミネラル成分を適度に含んだ中硬水は、焼酎やウィスキーの水割りとも相性がいいですよ。

硬水

カルシウム、マグネシウムイオンの量が301mg以上の水が硬水。
ヨーロッパのミネラルウォーターの多くは硬水です。

石灰岩が多く、雨水が地中に留まる時間が長いヨーロッパ大陸では、地下水の硬度は高くなります。

硬水を飲みなれていない日本人が硬水を飲むと、下痢になってしまうことも。
マグネシウムなどのミネラルを多く含む硬水は、胃腸に負担がかかってしまうんです。

硬水はパスタにコシを出したり、チャーハンやパエリアなどご飯をパラパラに仕上げたりしたいときにピッタリ。
硬水はお肉のアクもしっかり出してくれるので、臭みがなく柔らかいお肉にしてくれます。

ヨーロッパのミネラルウォーター

ヨーロッパのミネラルウォーターは、採水地の水をそのままつめたものがほとんど。
殺菌処理しないこと、ミネラル分を一定量保持していることなど厳しい基準が設けられています。
ヨーロッパでは採水地を隔離したり、1日に何度も品質検査を行ったりして水資源が汚染されないよう保護しています。
なので、ヨーロッパのミネラルウォーターは殺菌処理しなくても大丈夫なんです。

利用用途でミネラルウォーターを使い分ける

ミネラルウォーターは,処理方法や成分の違いで様々な種類のものがあります。
そのため,使用する用途で最適なミネラルウォーターが違います
ミネラルウォーターの種類と特徴を知って、その時々で最適なミネラルウォーターを使うようにしましょう。

インタビュー

埼玉県でヨーキーと海ちゃん(10さい)、チワワの空ちゃん(3さい)と暮らすりくさんにインタビューしました。

お問い合わせ

お知らせ